ちりめんで作る干支飾り 丑(うし)作り方・型紙 A Cow plush Tutorial & Pattern

干支 うし 丑 牛Chirimenn-worksちりめん細工

2020年にブログで紹介したものの再投稿です。動画を追加しました。
来年の干支は辰ですが、丑のリクエストがあり、どうせ作るなら動画も撮ろうと思い投稿しました。
丸っこい牛さんです。
 3頭のうしさんがいます。背飾りは各々違います。
  1番目:2020年作成 6輪の錦結び 房あり 2色使い
  2番目:2020年作成 5輪の錦結び 房あり
  3番目:2023年作成 6輪の錦結び 房なし 2色使い
 動画は今回作った3番目の子になります。錦結びの結び方は下の関連記事にリンクを載せています。
 1番目と3番目は2色使いですが、白の渡し方が異なります。
 結びが面倒な方はリボン結びでもかわいいと思います。

干支 丑 2020年作成
ちりめん 干支 丑 2020年作成 1
干支 丑 2020年作成
ちりめん 干支 うし 2020年作成 2
ちりめん 干支 うし 2020年作成 3
ちりめん 干支 うし2020年作成 4
ちりめん 干支 うし 2023年作成

◆材料◆

★うし
 ・ちりめん(体2枚、内側足2枚、耳2枚、あご1枚)
 ・ちりめん(内耳2枚)少々
 ・ちりめん 白(角4枚)少々
 ・ちりめん(鼻用) 少々
 ・φ5~6㎜黒ボタン 2個(目用)
 ・結び紐φ2.5㎜(しっぽ)  長さ約8㎝
 ・化繊綿
★背飾り
 ・背飾り布 表 模様 5.0㎝×11.5㎝(縫い代約7㎜)
 ・背飾り布 裏 赤  6.0㎝×12.5㎝ 
 ・結び紐φ3.5㎜(錦結び用 赤) 
   ※実際に使う長さは約55㎝ですが、結ぶのに90㎝以上必要です。
 ・結び紐φ3.5㎜(錦結び用 白)長さ約55㎝
 ・結び紐φ2㎜ 背飾り取り付け用 25㎝

◆型紙◆

型紙

◆型紙ダウンロード(PDF)◆ 

◆作り方◆

 1.しっぽを作ります。房にする部分の手前を縫って縛り、紐を解して房を作ります。
   (※房の整え方:ポリエステルの場合はアイロンで房を整えます。
    レーヨンの場合は濡らして真っすぐにして乾かします。)
   抜けないように反対側は少し折り返して縫い留めておきます。
 2.足内側左右2枚を中表にし、型紙の①の部分を返し口を残して縫います。
 3.顎と2を縫い合わせます。(型紙②の部分)
 4.身体左右2枚を中表にし、型紙の③の部分を縫います。
   その時、しっぽを挟み込みます。
 5.3と4を左右中表にして縫い合わせます。(型紙④の部分)
 6.裏返して綿を詰めて返し口を閉じます。
 7.目玉を本体につけます。
 8.耳を2つ縫います。折り返し部分を中に入れ込み、本体につけます。
 9.角を2つ縫います。折り返し部分を中に入れ込み、本体につけます。
   返し方は記事「ひもやしっぽの返し方」をご覧ください。角のような細いものはボールペンの空き芯と爪楊枝を使います。
 10.鼻を型紙を当てて周囲をぐし縫いし、アイロンで型をつけます。ぐし縫いを解き、型が緩まないうちに本体にアップリケの要領で縫い付けます。
 11.背飾りを縫います。裏布が少し縁にみえるように(ふき)裏布は少し表より大きく縫います。
 12.飾り結び紐を6輪の錦結び(團錦結)で結びます。
 13.12を紐に通し、背飾りの上から巻き、お腹の部分で本結びします。

◆作り方◆(動画)

 よろしければチャンネル登録お願いします。╰(´︶`)╯

YouTubeからご覧になる場合はこちらからYouTubeへ 

◆関連記事◆

★しっぽの返し方

ひもやしっぽの返し方

★ミニ屏風の作り方

  
★台座の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました